肝臓はとてもとても大切な臓器

内臓の中でも肝臓というのはとても大切な臓器となっています。食事などで口にした食べ物や飲み物は腸から栄養素が吸収されて肝臓にたどり着きます。

 

そして、肝臓で代謝を行ったり、栄養素を蓄えてたりするだけではなく、胆汁を作り出して、毒素や老廃物を分解して、健康維持をしているのです。

 

肝臓というのは反対に、病気になったり異常があっても自覚症状が現れにくく、自分でも気づかない間に状態が深刻になってしまうことが多いことから、沈黙の臓器といわれることもあります。

 

肝臓に異常がある場合、肝性脳症や吐血、腹水、クモ状血管腫、手掌紅斑、黄疸、倦怠感などといった症状が現れることもあります。食べ物を食べすぎたり、アルコールを摂り過ぎたりすることによって、肝臓に負荷をかけすぎてしまって病気になることが多いです。

 

現在の肝臓の状態を理解するのに、一番手っ取り早く正確なのは、血液検査となっています。血液検査によって血液を採取し、基準値と血液の数値を見比べて、肝臓の状態を知ることができるようになるのです。