畳のカビ取り方法・対策

畳に生えるカビは、室内に湿気が多いために発生するものです。畳自体が悪いわけではないので、畳にすると確実にカビが生えると思うのは間違った認識です。

 

多くの場合は、湿気が生じやすい1階部分にある畳にカビが発生しやすいようです。できるだけ換気をよくすることが、日頃からカビを防ぐための心がけとして大切です。

 

もしもカビが生えてしまったら、消毒用のアルコールなどを使ってカビとりをするようにしましょう。カビは胞子から広がっていくため、うっかりハタキではたいたりすると胞子が飛んでカビが余計に拡散してしまいます。

 

消毒用のアルコールでカビをかきだしたら、乾燥した布で畳をふき取る、この繰り返しでカビとりをしていきます。このとき、窓を開けて換気をよくしておくことも重要です。マスクをしてゴム手袋などをはめれば、体に被害がおよぶことも防げます。

 

ところで、畳は簡単に取りはずすことができるのをご存知ですか?プロに頼まないとはずせないと思っていたら、大間違い。女性でも自分ではずして干したりすることが可能ですから、定期的に虫干ししておくとよいでしょう。

 

完全に畳を外して外に運ぶスペースがなかったり、運ぶのが難儀という場合には、畳を持ち上げて何かに立てかけておきましょう。窓を開けて風通しをよくすれば、畳にも床にも空気の入れ替えができてカビを防ぐことができます。床下は、意外にも湿気がたまりやすい場所です。

 

取り外しがきく畳は、家の中を清潔にするのが簡単な家材といえるのではないでしょうか。畳を干すときには、床面にも掃除機をかけておくと、よりダニやホコリを寄せ付けない清潔な室内になりますよ。