リレックスを受けるなら

今後レーシックより主流になるといわれている視力回復手術のリレックスが受けられるクリニックはSBC新宿近視クリニックです。新宿院と大阪院に店舗があるため、お近くのクリニックにどうぞ。

 

リレックスとレーシックの違い
今回はリレックスとレーシックの違いについてお話をしていきたいと思うのですが、そもそもレーシックというのは、いくつかの方法が存在しているんですね。レーシックでも、ラゼックやイントラレーシック、レーシックなどといった色々なものがあります。

 

いずれのレーシックにしても、基本的にエキシマレーザーを使って、角膜の光の屈折率を矯正していく方法となっています。角膜に対してレーザーを与えることになります。そして、角膜を再生したときに、元の状態に戻ってしまうと言う事もあるのです。

 

リレックスの場合は、エキシマレーザーではなく、フェムセカンドレーザーを使用することになりますし、レンチクルを除去することになるため、レーシックと比べると傷がいえるのに時間がかかります。そのため、乱視や近視の状態になりにくいという点も挙げられます。

 

その他にも、サハラ砂漠症候群やハログレア現象になりにくいという特徴もあります。ハログレア現象というのは、物がぼやけてしまう症状となっており、光を感じるとまぶしく感じる症状もあります。ですから、夜に運転をしている時に危険だとされています。

 

次にサハラ砂漠症候群の症状は、フラップという蓋の下で、炎症が生じてしまっていて、砂嵐のようにノイズが走っている状態になってしまうというものとなっています。サハラ砂漠症候群になってしまうと、ちゃんと治療をしなくてはならなくなってしまいます。

 

レーシックで施術をしてもらっても、サハラ砂漠症候群やハログレア現象になってしまうことはめったにありません。また、リレックスの場合でも、これらの症状になるということはめったにないのですが、可能性はゼロというわけではありません。レーシックもリレックスも手術をするわけですから、これらの症状が絶対に現れない保証はないのです。