炭酸パックが凄い理由は成分にあった!

炭酸パックの成分は、もちろんCO2が含まれています。二酸化炭素の働きで、肌に刺激を与えて、血行をよくし、細胞の活性化を促してくれます。

 

手作り炭酸パックでしたら、ここまでですが、市販の炭酸パックの場合、これに美容成分が加えられています。炭酸パックの本来の目的は、CO2によるターンオーバーの正常化なので、美容成分は必要ないかもしれません。

 

しかし、手作りできるにもかかわらず、各社から色々な炭酸パックが商品化され、それが大人気になっているのですから、美容成分の効き目や効果を実感している人が多いという証拠ですね。特に人気が高いのがプラセンタやヒアルロン酸やダイズエキスです。

 

プラセンタは、高級美容成分としてアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの多くの栄養素を肌に送り込みます。ヒアルロン酸は、優れた保湿力で肌に弾力を取り戻します。ダイズエキスは、女性ホルモンによく似た働きをするイソフラボンが含まれ、コラーゲンを活性化させます。

 

その他にもコエンザイムQ10は、アンチエイジングの美容成分として、老化が原因で増えるシミやクスミなどに作用して、きめの細かい肌に整えてくれます。

 

今、一番注目されている成分は、オシリフトです。これは、カラスムギから抽出された植物由来の天然美容成分で、即効でシワを目立たなくさせる効果があるそうです。また、持続性もあり、一度炭酸パックで使うと2ヶ月は効果が持続するといわれています。

 

いずれにしても手作り炭酸パック派の人も、2ヶ月に1度くらいは、市販の美容成分入り炭酸パックを使ってみてもいいかもしれません。