肌質の種類について

肌質というのは、大まかに分けると5種類あります。

 

一つ目として、水分は十分あり、皮脂も正常に分泌されていて問題がない肌のことを普通肌といいます。普通肌の状態になっているとしても、季節の変わり目などでは、肌トラブルが起きてしまうということもあります。ですから、普通肌だからといって全くお手入れをしなのではなく、普段からスキンケアをきちんとしていく必要があります。

 

皮脂の分泌量が多く、皮脂が毛穴に詰まりやすくなってしまっていて、ニキビができやすいのであれば、オイリー肌という種類に分類されることになります。スキンケアをすることも大切なのですが、普段の食生活を改善して脂分を摂り過ぎないように心掛けることが大切です。

 

肌が乾燥してしまっていて、かさついてしまっているのであれば、乾燥肌という肌質に分類されることになります。乾燥肌はしわやシミなどが起きやすいですから、普段からきちんとお手入れをしておかなくてはなりません。また、食生活も見直すようにして、保湿性を保つことも意識をしておきましょう。

 

そして、刺激に弱く、刺激を与えるとすぐに反応をしてしまう肌のことを、敏感肌といいます。化粧品などの成分によって、肌が拒否反応を示してしまったり、炎症が起きてしまうこともあります。

 

特に化学成分に拒否反応を示すことが多いですから、天然成分のスキンケア商品や化粧品を使うようにしたほうがいいでしょう。

 

そして、オイリー肌と乾燥肌が組み合わさっている肌質を、混合肌といいます。皮脂の分泌量は多いにもかかわらず、水分不足になってしまっているのが、混合肌の特長となっています。

 

混合肌になっている場合、生活習慣を改善したり、徹底してスキンケアをする必要があるでしょう。